コラム

コラム

興居島(ごごしま)で今何が起きているのか? 上田良江さんに聞きました!

上田良江さん(旧姓瓜生)に2012年に書いてもらったサロン文化大学のコラム「捨てられる大量の農産物 興居島(ごごしま)いよかん救出。」のアクセスが2021年のいま、急上昇しています。
コラム

香港のドキュメンタリー映画「乱世備忘 ― 僕らの雨傘運動」の上映会を企画した理由

4/5(日)に個人で映画の上映会を開催します。
この映画を上映するきっかけは今年の2月に京都大学で開催された上映会です。
コラム

おじさんたちが結構な頻度で×××していないことに気づいた件

1日3〜4回歯を磨きます。
コラム

「乱世備忘 ― 僕らの雨傘運動」の上映会でわかった、アジアの若者が立ち上がった理由

香港のドキュメンタリー映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」を見てきました。ドキュメンタリー映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」は当時27歳だった陳梓桓(チャン・ジーウン)監督が仲間たちと過ごした、79日間の備忘録です。
コラム

「パラサイト 半地下の家族」で見た、半地下のトイレが部屋の一番高い位置にある理由

ソン・ガンホさん扮するお父さんが、貧乏な家族のために裕福な家庭に忍び込んでがんばっちゃうストーリーではなく、どちらかといえば悪知恵のはたらく子どもふたりたちに巻き込まれていくコミカルなストーリーとして前半がはじまります。
コラム

あの彗星が地球に接近したおかげで、僕の一人暮らしがはじまった。

往復3時間の通学がしんどかった。京都市の実家から大阪・吹田市にある関西大学までスムーズに行けば80分、バスや電車に1本でも乗り遅れると、往復でだいたい3時間近くかかる。
コラム

ラジオ談話室「『貧困を救えない国 日本』を読む」

この前、サロン文化大学でコラムを書いてくださっている白石島の天野さんと、新書「貧困を救えない国 日本」についてお話した内容をYouTubeに公開してみました。
コラム

「生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由がある」を読んで、大阪の投票行動と地域性の関係について考えた

参院選の結果を受けて「大阪在住で選挙権を持っているけれど選挙に行かなかった人たちは、消費税があがっても戦争することになっても文句は言いませんってことやんな?」とツイートしたところ、大学の先輩からこんなコメントがありました。
コラム

参議院選挙2019の候補者選びに使える6つのウェブサイト

サクッと候補者を選びたい方向けに、政党や候補者のアレコレを比較してくれているサイトを集めてみました。
コラム

デビルマンのエンディング曲「今日も何処かでデビルマン」について気になる幾つかのこと

再放送で見てた「デビルマン」のエンディングの曲がカッコいいのです。ご存知ない方はこちらの動画の21:40から YouTube でご覧ください。
コラム

台風21号の風でベランダの隔て板が飛ばされました

災害が起きたときに大事なことをすぐに忘れてしまうので、今日のできごとを書き留めておこうと思います。
コラム

大阪北部地震から一週間

大規模の地震で目が覚めたのは阪神淡路大震災の日以来です。地震発生の日から今日までの1週間を振り返ってみます。
ランドスケープサミット

聖地とは何か? なぜ特定の場所が聖地となるのか?

歴史を専攻していた大学4回生の頃、宗教人類学者の植島啓司先生の授業を受けていました。当時のノートがこちら。 聖地エルサレムのように「私たちにとって、ここは特別な場所だ」と言い張ることで、5000年も前から紛争地帯になるケースが...
ローカルlifer

無農薬、愛媛産のよっちゃん梅干し

愛媛のよっちゃん(瓜生良江さん)から「梅干しができたよ」とお知らせをいただきました。
コラム

亜州食堂 チョウク 大阪市福島区

ニッポンの美味しいごはんシリーズ。今回は福島区の亜州食堂チョウクさんです。
ローカルlifer

なぜ農家を対象にしたみかん狩りツアーは無くなったのか?

物置の隅で、大きな袋に入っている、柄がオレンジ色の剪定バサミを発見した。半ば錆び付いているが、まだまだ使えそう。しかも30丁くらい入っている。なんとなく見覚えがある。しかも、家庭用に使うにはなぜか数が多めだ。
ローカルlifer

飛騨古川・瀬戸川用水の鯉が川を浄化させた!?

飛騨古川へ行ってきました。里山サイクリングの白石さんに少し町をご案内していただきました。古い町並みゾーンの瀬戸川は約400年前に増島城の濠の水を利用して造られた川で、当時は瀬戸川が武家と町民の町の境だったようです。現在は1000匹あまりの鯉...
コラム

町の中の村、天満村「雑貨と喫茶の店 露草社」

大阪市北区の南森町。この町はわりとビジネス街で、平日はOLやサラリーマンが忙しそうに行きかっています。ラジオ局のFM802もあります。でも、少し路地を入ると長年変わらない顔を持つ、ひっそりした町並みが並ぶのをご存知でしょうか。休日になると、人や車の往来はぱたりとなくなり、大通りでさえも顔が違います。
ローカルlifer

宿泊の視点から考えるこれからの地方の可能性

個と個のコミュニケーションを大事にした宿泊施設について考えてみると、例としてゲストハウスがあげられるかもしれません。あくまでも私の感覚ですが、ゲストハウス(というより欧米ではホステル、オセアニアではバックパッカーズという方がしっくりきますが)は海外で旅をする際に使うものという印象が強く、日本国内では認知度は低かった気がします。
ローカルlifer

白石島での社員研修 チームワークの養成とオリエンテーリング

白石島では、毎年春にオリエンテーリング大会が開催されている。30年以上続いている恒例行事で、数年前には全国大会も開かれた。島全体が地図に収まる構成が特徴的で「歩いて行ける場所は全て競技場」という、閉鎖空間としての島を上手く活用していると評判だ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました