働き方について考えるトークサロンvol.16(ゲスト/山本佳奈子さん)

山本佳奈子 ビィーゴ(大阪・枚方)

2020年4月5日(日)夜のサロン文化大学は、山本佳奈子さんをお迎えして、働き方について考えるトークサロンを開催します。
<加筆>
※サロン文化大学では、感染症防止対策として受付にアルコール消毒剤をご用意しております。また、会場は席の間隔を1m以上空けて配置します。

ゲスト/山本佳奈子さん

ゲスト/山本佳奈子さん。1983年生まれ。兵庫県尼崎市出身。高校3年時に単身ジャマイカ首都キングストンへ個人旅行。卒業後、音楽系専門学校に通い、ライブハウス・クラブなどで働く。2010年、webDICEに寄稿した『キューバ紀行』連載でライターデビュー。2011年、震災の時期に訪れたアジアの若いクリエイターたちの柔軟性に魅了され、現在進行形のアジアを伝えるweb-zine『Offshore』を2011年7月に立ち上げる。その後、ひょんなきっかけで韓国映画「パーティー51」の日本での配給元となる。2015年4月に沖縄県那覇市へ移住し、沖縄アーツカウンシルに勤務、2017年9月から2018年7月まで中国福建省福州市へ留学。福州留学滞在記『中国に関係ないことばっかり』を発行(zine)。その後、いろいろあって現在は大阪府立江之子島文化芸術創造センター「enoco」のアートコーディネーターとして勤務。

司会は編集者・ライターの狩野哲也がつとめます。

転職を考えて迷っておられる方
今の自分の働き方について悩んでいる方
これから働きたい方
クリエイティブな仕事に関心のある方
いろいろな働き方に興味のある方
中国に関心のある方
アーティストのインタビューに関心のある方
映画の配給に関心のある方

にオススメです。

山本佳奈子さんから今日までの道のりをじっくりお聞きします。ご本人の希望で後半はインタラクティブなトークに変更。山本佳奈子さんの悩みを聞く時間になるかもしれません。

▼参照記事
京都精華大学でのインタビュー記事/それぞれの場所に根ざした“クリエイティブな思考”をシェアしたい山本佳奈子(Offshore主宰) | Breaking New Ground

インタビュー記事を受けてご自身の感想/京都精華大学にて-これからの音楽|山本佳奈子|note

働き方について考えるトークサロンとは?

仕事の話を聞こう、ということよりも働き方に注目するようなサロンにすることで誰もが自分の働き方に対して考え直すきっかけになればと思っています。NHKトップランナーごっこ、NHKプロフェッショナル仕事の流儀ごっこがしたくて、2008年3月からはじめました。

日程:

2020年4月5日(日) 19:00開場/19:30開演〜21:30終了

参加費:

1000円

定員:

25名(定員になり次第、締め切り)

申込方法:

Googleスプレッドシートの入力フォーム
・入力送信後、@gmail.com からの自動返信でメールが届きます。弾く設定にされている方は入力前に解除してください。
・複数名で参加される場合も、集計が難しくなるのでおひとりずつお申し込みください。

サロン文化大学「働き方について考える」ゲスト山本佳奈子さん
4/5(日)

会場:コワーキングスペース ビィーゴ(後援)

コワーキングスペース ビィーゴ
枚方市岡本町7-1枚方ビオルネ5F
電話 072-800-1919(申し込みはビィーゴではなく、上記入力フォームからお願いします

京阪枚方市駅直結の商業施設ビオルネ5階にあるコワーキングスペースビィーゴは仕事、勉強、趣味、イベント開催、料理などができる新しいスペースです。