大阪南部のぶどう農家G-grape farmさんの農作業を手伝ってきました


縁のあった農家を応援しています。農作業をお手伝いするため、大阪南部のぶどう農家G-grape farmさんのところに行ってきました。

まずは、ハウスに入るなり、眼鏡が曇ってびっくり。ボイラーをたいてなくとも、ビニール二重貼りであれだけあったかいなんて…

ぶどうが芽吹き始めるこの季節の作業は、ビニールハウス貼り。ハウスの端から端へシュルシュルとビニールを渡し、キレイに広げて、支柱にくくりつけていきます。ぶどうは雨にあたると、葉が枯れてしまうそうなので、隙間できないよう、キチンと貼っていきます。

就農者の本音インタビュー会で話を聞いて、なんて楽しそうにぶどう作りを語る人なんやろう…と感動して、今日に至ったのですが、今日も楽しそうに喋る喋る(笑) 花が咲き始める3月頃からが面白くなるそうなので、又、縁農に行かせて頂こうと思います〆

デラウェア5万房以外にも、種なし、皮まで甘い「シャインマスカット」や、ミルクの味がするブドウ等、変わり種にもチャレンジしているそうなので、収穫時期が楽しみで仕方ありまけん!

猪がハウスの上に登って、ぶどうを食い散らかしませんように…

書いている人:
山口洸輝 東京都練馬大根町育ち。天下の台所、大阪にて、食品問屋のサラリーマンに。土とたわむれる時間、自然の中で汗を流す時間、おいしい食卓を囲む時間がとっても大好きです。

Twitter:kouki6yamaguchi