山納洋

93年大阪ガス入社。神戸アートビレッジセンター、扇町ミュージアムスクエア、メビック扇町で企画・プロデュースを歴任、現在は同社近畿圏部で都市開発、地域活性化に従事。common cafeプロデューサー。

中崎町

「荒野をゆく」シリーズ第4弾|「地域プロデュース、はじめの一歩」著者・山納洋さん|イベントレポート前編

「地域プロデュース、はじめの一歩」の著者・山納洋さんの協力のもと、5月24日に開催されたサロン文化大学「荒野をゆく」シリーズ第4弾のイベントレポート前編をnoteに書きました。
荒野をゆく

「地域プロデュース、はじめの一歩」著者・山納洋さんによるトークシリーズ「荒野をゆく」参加者レポート

本は読んだけれど本人に会ったことがないという人に伝えたかったのが山納さんの魅力のひとつ「語り口」です。スライドが不必要で、むしろじゃまになるぐらい「話しことば」から立ち上がる奥行きのある情景描写と引き込まれるストーリー。
中崎町

「荒野をゆく」シリーズvol.4|著書「地域プロデュース、はじめの一歩」出版記念|ゲスト・山納洋さん

5月24日(木)のサロン文化大学は山納洋さんによるサロン「荒野をゆく」シリーズ4回目です。今回は著書「地域プロデュース、はじめの一歩」の出版記念的トークサロンです。
トークサロン

[1/20](日)14:00〜17:00 地域と自分とのつながりを考えるフォーラム 「ローカルブックレヴュー&クロストーク4」

1/20(日)のサロン文化大学は、奈良県立図書情報館との共催企画で、地域と自分とのつながりを考えるフォーラム「ローカルブックレヴュー&クロストーク4」を開催します。「地方」や「地域」の存在が見直される今、「地域」に関わって活動し、それを一冊...
中崎町

山納洋さんによるサロン〜荒野をゆくvol.3〜

2月16日(火)の中崎町サロン文化大学は山納洋さんによるサロン「荒野をゆく」シリーズ3回目です。今回は「私的プロデュース論」です。他者とコラボレートして、仕事や作品を作り上げていくプロデューサーに必要な能力とは何か?を考えるサロンです。日程...
中崎町

歴史を語る語り口を語る

以下は、やまのうさんの日記からの抜粋です。次のサロンの参考にしてください。原研哉・阿部雅世対談「なぜデザインなのか。」に歴史を学ぶことについて言及したくだりがあります。阿部 ところで、原さんは、集中力がすごそうですね。こうしてお話ししている...
中崎町

山納洋さんによるサロン〜荒野をゆくvol.2〜

11月17日(火)の中崎町サロン文化大学は 山納洋さんによるサロン「荒野をゆく」シリーズ2回目です。 退屈だった授業の記憶をリセットして、物語としての、愉楽としての歴史を再発見するための実験的ワークショップです。 今回は「歴史を語る語り口を...
中崎町

山納洋さんによる考え方サロン〜荒野をゆく〜

9月14日(月)の中崎町サロン文化大学は山納洋さんによる考え方サロンを開催します。タイトルは「荒野をゆく」です。歴史・地理・文化・経済などのキーワードから今の時代を考える手がかりを探っていくという実験企画です。司馬遼太郎氏の「街道をゆく」に...
中崎町

スティープ・ジョブスさんのスピーチ

今日のやまのうさんの考え方サロンの資料として、スティープ・ジョブスさんのスピーチが紹介されていました。 気に入ったところだけコピペしてみました。 2005年11月18日スティーブ・ジョブス氏のスピーチアップルコンピュータを創立し...
中崎町

[09/04/27]山納洋さんによる考え方サロン

4月27日の中崎町サロン文化大学は山納洋さんによる「考え方サロン」を開催します。テーマは「自分OSを見つける話」です。自分の考え方や動き方がどんなルールにしたがっているか自分にとってのあり得る/あり得ないがどこにあるのかを知ってみましょう。...
スポンサーリンク