駐車スペースを公園にしてしまうイベント PARK(ING) DAY


海外の町で、大通りに面した駐車スペースを使って面白いことが開催されているようです。まずはこの映像(WHAT PARK(ING) DAY IS ALL ABOUT)をご覧下さい。


PARK(ing) Day: User-Generated Urbanism from Brandon Bloch on Vimeo.


駐車スペース(parking)を自分たちの公園(park)のように使うイベントで、2005年のサンフランシスコではじまり、現在では世界各地で行われている様子です。普段アスファルトな路上に芝生を敷いて、車が走る横で寛ぐなんて、街の見方が変わりそうですね。

駐車スペースの狭い範囲なので、人が集まればサロン的な空間にもなり、街のコミュニケーションの場にもなりそうな気がしました。

PARK(ing) Day
http://parkingday.org/

書き手:
狩野哲也 さまざまなスペースに出張する文化講座 サロン文化大学/狩野哲也事務所 代表。コピーライター、ディレクターのはしくれです。クリエイティブの力で、様々な地域や社会の課題に取り組みます。街とマンガとNHKと餅が好き。

Twitter: kanotetsuya
facebook:kanotetsuya
blog:狩野哲也事務所 / サロン文化大学